有名霊能者がオススメ運気好転・人生開運の霊符&おまじない第二回

運気好転・人生開運の霊符&おまじない第二回

昨今、巷には、見るだけで運気がアップする絵画ですとか、お財布に入れておけばお金が自然と集まるお札ですとか、おまじないを唱えながら口にすると願いが叶う食材ですとかがあふれ返っています。少し前ですと、「清正の井を携帯電話の待ち受け画面にすると開運・願望成就出来る」ということが流行しました。それらを否定する気は毛頭ありませんが、「もっと早く確実に開運出来て、願いが叶う霊符やおまじないはないものか」とも考えたのです。今回ご紹介するのは、専門家である霊能者の先生方に教えていただいた、確かな開運力を持つ霊符やおまじないになります。先生ご自身も常に携帯していたり、霊感鑑定中の霊力を高めるために用いていたりする霊符も教えていただきました。是非ご覧ください。

監修/電話占い紫苑

おまじない1敬愛法「恋合咒 れんあいじゅ」

敬愛法とは呪術のひとつで、「想っている人と一緒になりたい」「人から愛されて幸せになりたい」といった気持ちを叶えるために用いられます。その敬愛法の中でもこの恋合咒というおまじないは、特に術者つまりあなたになにかしらの犠牲や代価を強いることもなく行える呪術となっています。

~方法~

  1. あなたの家から見て、東の方角にある柳の木の枝を切ってきましょう。
  2. 表裏両面白紙を用意し、大きさは不問で人型を2体作成しましょう。
  3. 柳の木の枝を筆に見立てて墨を付け、それぞれの人型に男女の名前を書きましょう。
    男性はあなたの想い人、女性はあなた自身となります。
  4. 名前を書いた面を重ね合わせて、頭・胴・足の3ヶ所を糸で結びましょう。
  5. 人型と五穀(米・麦・粟・黍・豆)とを一緒に、
    A)家から近い、辻の真ん中に埋めましょう。
    B)家から近い、2本の川が合流する場所で流しましょう。
    A、Bどちらの方法でも構いません。

おまじない2呪詛返しの秘法

呪詛返しの秘法

なんら悪い行動をしていない、発言をしていない、そう自分では思っていても、知らぬ間に他人から恨みつらみを買っていることが多々あります。身に覚えがないから、悪意があったわけじゃないから、そう言っても理解されないまま一方的に恨まれるケースでは、どうすることもありません。他者から送られてくるそのような悪意で、自分の運気が低下してはたまったものではありません。そういう呪詛をはね返す秘法がこちらになります。

~方法~

  1. 表裏両面白紙を用意し、大きさは不問で人型を1体作成しましょう。
  2. 「今日よりはよもや祟らじ荒見前。悦び成して返り給へや」と書き入れましょう。
  3. 反対面には、九字(四縦五横)を書き入れましょう。(下記a参照)
  4. 折ったり曲げたりせず、そのまま川に流しましょう。

現役の有名霊能者がオススメする霊符と開運のおまじない、いかがでしたでしょうか。なお、電話占い紫苑のホームページでは、ここで紹介した以外にも霊能者がお勧めする開運のお札やおまじないが紹介されています。ダウンロードして携帯出来る護符などもありますので、開運力を是非受けてください。

現役カリスマ霊能力者が監修&在籍!知名度・実力共に抜群電話占い紫苑でんわうらない しおん~しおん~

フリーダイヤル0570-005-777

受付午前9時~翌午前5時/年中無休

基本料金20分5,000円(税別)~ 以降1分ごとに250円(税別)~

※霊能力者により料金が異なります。詳しくは、お問い合わせください。